So-net無料ブログ作成

透かし彫り陶器のつくり方 [製作途中]

時々、二重構造で透かし彫りを装飾した花器などを制作します。

透かし彫り醤油さし4.jpg

陶芸の主な工程の流れは、
①形を成形→②削り・形の装飾→③素焼き→④色つけ(釉薬をつける)→⑤本焼き→⑥完成、
です。
二重の透かし彫りを入れたものは、①の成形で2重のものを作ります。

2重花器成形1.jpg

そして、②の削り・装飾の段階で、透かし彫りを入れます。
二重構造の成形や透かし彫りは、通常の器づくりよりも手間がかかります。

2重透かし彫り花器の構造.JPG

その後、乾かして素焼きをすることになります。しかし、乾かす段階でホッとして気を抜くと、ヒビが入ったり割れたるすることが多くあります。

粘土は乾くときに、水分が抜けて縮みます。通常の器でれあれば問題ないのですが、二重構造の場合は、外側と内側の粘土の乾燥スピードが異なるため、縮みの差が生まれやすく、それがヒビや割れの原因になります。


透かし彫りを施した器づくりは、手間が掛かり気を使った制作になりますが、他にはない個性的な一品に仕上がります。

透かし彫り醤油さし1.jpg
2重一輪挿し(黄色)4.jpg

現在制作途中のものがありますが、完成したらblogに掲載します。

<Dream Craft'S GALLERY>
https://minne.com/items/7028569
https://www.creema.jp/item/3003467/detail



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0