So-net無料ブログ作成

アンティーク調のマグカップ [陶芸作品]

アンティーク調のマグカップです。

全体にツヤのない渋いマット系のカップを作りたくて、試行錯誤しながら作りました。

古いアンティーク調の作品に仕上げるために、鉄錆(てつさび)色の掠れた感じの地色にし、上に英字新聞柄を入れました。地色部分には薄く釉薬がかかっているので、汚れやシミがつきにくくなっています。
アンティーク調カップ(こげ茶マット)6.JPG

また使い勝手をよくするために、カップの中と口、取手部分にはコゲ茶色のマット釉をかけています。これで強度を持たせて汚れやシミを防いでいます。

地色の鉄錆色は焼いてみないと色の出方がわからないため、色の調整が難しく何度も失敗を繰り返し試行錯誤しました。地色を出すのに苦労しましたが、アンティーク調の渋い感じの一品に仕上がりました。

手作り感があり使いやすくて、美味しいコーヒーが飲めるカップです。

アンティーク調カップ(こげ茶マット)1.png
アンティーク調カップ(こげ茶マット)2.png
アンティーク調カップ(こげ茶マット)3.png
アンティーク調カップ(こげ茶マット)4.png

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://www.creema.jp/item/2986842/detail

土色のミルクピッチャー [陶芸作品]

ミルクピッチャーを作りました。

全体に紅志野釉薬を掛けています。
自然の赤土そのものの色を活かした色に仕上げました。

美味しコーヒーが飲めそうな一品です。

土色のミルクピッチャー.jpg
土色のミルクピッチャー4.jpg
土色のミルクピッチャー2.jpg

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/teshigoto12 https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

重ねがけの皿 [陶芸作品]

プレゼント用に重ねがけの中皿を作りました。

2種類の釉薬を重ねて掛けて模様を出しています。

ベースに白系釉薬を掛け、その上に黒い釉薬を流して掛けています。
重なった釉薬部分が変化し、周囲が赤く変溶しています。

重ねがけ皿2.jpg
重ねがけ皿5.jpg
重ねがけ皿4.jpg

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/teshigoto12 https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

たまぶちカフェオレボウル [陶芸作品]

玉渕(たまぶち)のカフェオレボウルを作りました。

玉渕とは器の渕の部分を丸くふっくらと仕上げる技法です。
玉渕にすると器がふっくらした柔らかい形になり、口当たりも柔らかくなります。
器の強度が高まり、多少荒く扱っても渕が欠けることがありません。
また熱いものを入れた時にも渕があると持ちやすくなります。

底部分は安定した形(ばち高台)にして無釉にしているので、すごく持ちやすくなっています。
サイズは茶碗よりもやや大きめで、両手で包むと丁度入るくらいで、小さすぎず大きすぎすの大きさです。
形状は、茶碗でも鉢でもなく和食器らしくない形ですが「、和食器独特の柔らかい質感はに仕上がっています。

すごく使い勝手がいい器なので、カフェオレボウルとしてはもちろん、スープボウル、茶碗、お椀、中鉢としても普段使いの器として大活躍です。
仕事の合間の一杯2.JPG
カフェボウル4.JPG
カフェボウル3.JPG
カフェボウル5.JPG
カフェボウル.JPG

絵柄違いの商品をネットで販売しています。
<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://www.creema.jp/item/2903493/detail

ミルクピッチャーを作りました。 [陶芸作品]

やかん型のミルクピッチャーを作陶しました。
(醤油さしとしても使えます。)

手のひらサイズの小さな器なので、細かい作業が多く作陶に手間がかかりました。
(大きな急須を作るよりも気を使いました。)
色はテーブルの上にあると楽しくなるように、器としては通常あまり見ない明るい黄色にしました。

手間はかかりましたが、置いているだけでも楽しめる器になりました。


ヤカン型ミルクピッチャー.JPG
ヤカン型ミルクピッチャー2.JPG
ヤカン型ミルクピッチャー4.JPG

<Dream Craft'S GALLERY> https://minne.com/teshigoto12 https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

ドーナッツのような花器 [陶芸作品]

ドーナッツのような花入れを作りました。

土をろくろでドーナッツ状に挽き、それに穴を開け、足をつけて立つようにました。
色は赤土の色をそのまま活かした質感にすると、見かけドーナッツのような作品に仕上がりました。

花を入れないで、置いているだけでも様になるものを目指して作りました。

ドーナット型花器1.png
ドーナット型花器2.png
ドーナット型花器3.png

味のあるいい感じの作品に仕上がりました。

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/teshigoto12 https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

夫婦茶碗を作りました [陶芸作品]

プレゼント用に夫婦茶碗を作りました。

小さな茶碗は桜の絵柄を入れて紫色の土を練り込んで作り、もう一つの大きな茶碗はクローバーの絵柄を入れて青い土を練りこんで作りました。
また茶碗の下は、無釉(ツヤなし)にして持ちやすくしました。

夫婦茶碗4.jpg
夫婦茶碗5.jpg
夫婦茶碗3.jpg
夫婦茶碗2.jpg
夫婦茶碗1.jpg


印花を自作しました [陶芸道具]

市販されている既製の印花もありますが自作しました。
通常は土で作ったものを焼いて作りますが、もっと簡単に作りたかったので、消しゴムハンコの要領で作りました。
もう一つは、石砂粘土で作り、それにニスを塗り固めました。

陶印.png

これを使って様々な良い作品が作れそうです。



二重透かし彫り花器 [陶芸作品]

二構造になっている花器です。周りは透かし彫りで装飾しました。
水を入れても漏れません。
作るのに大変手間はかかりましたが、いい感じに仕上がりました。
他ではあまり見かけない作品に仕上がったと思います。

2重花器1.png
2重花器2.png
2重花器3.png
2重花器4.png
2重花器5.png

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/teshigoto12 https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

様々なやり方があり、飽きない [陶芸の魅力]

陶芸の主な工程は、
①土を練って形を成形→②素焼き→④色つけ(釉薬をつける)→⑤本焼き→⑥完成、
です。

その工程の一つ一つに様々なやり方や種類があって、それらを組み合わせると、様々な形、色、質感の作品がつくれます。無限と言っていいいほどの組み合わせがあり、多様性があります。
また、同じやり方、同じ技法で作っても、作られた作品は同じものになりません。作り手のそれぞれの個性が表情された作品になります。大量生産品にはない個性的な器が出来上がります。

一つの工程、一つの技法を身に付けるだけでも多くの手間と修練が必要です。一つの技法を身につけ、それを極めて、自分のものにするには多くの月日を要します。ここまでやれば完成、ゴールというのがありません。

そのため飽きることがありません。様々な素材、手法の中から自分が気に入ったものを自由に選択し、世界に一つだけの自分好みの作品を作り上げていく。
それが陶芸の魅力です。
<様々な色の釉薬>
様々な片口小鉢.png
<釉薬の重ねがけ>
茶碗.png
皿.png
<釉薬を抜いて模様を描いたもの>
2012-06-15 00.12.57.jpg
<絵具による模様>
ミニ醤油さし3.png
ミニ醤油さし2.png
<透かし彫り>
2重一輪挿し(黄色)4.jpg
<埋め込み象嵌>
仕事の合間の一杯7.JPG
<練り込み・転写紙>
夫婦茶碗4.jpg

さまざまな作品を掲載しています。
<Dream Craft'S GALLERY>
https://minne.com/teshigoto12
https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

コーヒードリッパーを作り始めたきっかけ [陶芸の魅力]

最近コーヒードリッパーづくりに凝って、多くの作品を作っています。
作れば作るほど使い勝手の良い作品に仕上がってきています。

元々コーヒーはあまり好きではありませんでした。仕事の時に出されたコーヒーを飲む程度でした。
自作ドリッパーで初めてコーヒーを飲んだとき、これまで飲んでいたコーヒーと違い、飲みやすいコーヒーに変わっていたのに驚きました。雑味やえぐ味がなく、コーヒー豆本来の味がよくわかりました。
コーヒーの味がドリッパーによっても左右されることを知りました。

それをきっかけにコーヒードリッパーを作り続け、使いやすくて美味しいコーヒーが淹れられるものを模索しています。

コーヒーを抽出する穴の数もいろいろ試しましたが、3穴が一番バランスのいい味になるようです。(人それぞれの好みだと思いますが・・・。)
また形はよく市販されているオーソドックスな台形のコーヒー用ペーパーに合う形にしています(変わった形にすると、それにあったものを取り寄せるのが面倒になるため)。
使用する人のことを考えると、オーソドックスな台形型の方がいいようです。

ドリッパー以外に、マグカップとピッチャーも合わせて作っています。
陶器(土もの)で作ると、磁器(石もの)で作ったものと違い、温かさが長持ちするため、長く温かいコーヒーが飲めます。

鳥獣戯画・アンティークドリッパー.png
鳥獣戯画図2.png
鳥獣戯画図.png
ドリッパー1.png
ドリッパー2.pngドリッパー3.pngドリッパー4.pngドリッパー5.pngドリッパー6.pngドリッパー7.png
鳥獣戯画ドリッパー&ピッチャー.jpg
カフェオレ色ドリッパー.png
象嵌花火ドリッパー2.png
象嵌・刷毛目4.png

今ではわざわざ自分好みのコーヒー豆を買って、お気に入りのドリッパーとカップで毎日一杯づつドリップして飲んでいます。

まだ十分に満足できる作品ができないため、しばらくはドリッパー作りの模索が続きそうです。

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/teshigoto12 https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

花火ドリッパー(象嵌) [陶芸作品]

コーヒードリッパーを作りました。

夜空に咲く花火をイメージして作りました。
黒御影土に窪みをつけて、そこに色化粧土を埋め込んで、花火の模様を出しています(象嵌技法)。
その後、全体に貫入(透明の釉薬)をかけ、ツヤのある良い仕上がりにしました。 ツヤがあるので、コーヒーがスムーズに下に流れてドリップできます。
受け皿もドリッパーと同じ花火のデザインにしました。

象嵌技法で絵柄をつけるのは色絵付けに比べて手間がかかりますが、絵付けにはない深い味わいのある器ができます。(象嵌技法:ベースとなる素材に異なった素材をはめ込み、表面削って絵柄をだす伝統技法。陶芸や木工、金工で使われる技法。)

大きさは1、2人用で、コーヒーの抽出穴は3つ空いています。
オーソドックスな形ですので、一般的に市販されている台形のドリッパー用ペーパーが使えます。
使いやすく、味のある作品に仕上がりました。

象嵌花火ドリッパー1.png
象嵌花火ドリッパー2.png
象嵌花火ドリッパー3.png

この作品はネットで販売しています。→shop&gallery https://minne.com/items/6431579

ビードロ焼酎カップ [陶芸作品]

焼酎を美味しく飲めるようにと思って作った焼酎カップです。

上にビードロ釉、下にコゲ茶マット釉を掛け分けました。

グリーンのビードロ釉が下に流れ、下の釉薬と混じった部分が波のような模様になっています。

ビードロの流れる具合が気に入っています。

銅ビードロ釉焼酎カップ6.jpg
銅ビードロ釉焼酎カップ5.jpg
銅ビードロ釉カップ2.jpg

<Dream Craft'S GALLERY>
https://minne.com/items/6562529 https://www.creema.jp/item/2906838/detail

カフェオレ色のコーヒドリッパー&ピッチャー [陶芸作品]

コーヒー好きが高じて、コーヒー好きの人のために作陶した作品です。
コーヒーを淹れる時から楽しめ、美味しく飲める器が欲しいと思って作ったコーヒードリッパー&ピッチャーです。

ミルクにコーヒーを注いだ時の色をイメージして、カフェオレ・カラーにしました。
白系の釉薬を地に掛け、弁柄でコーヒーがミルクに混ざった時の色を出しています。

ドリッパーの形はオーソドックスな形状なので、市販されているコーヒー用ペーパーが使用できます。
また下の鍔(つば)部分には穴があいているので、ドリップ時にカップの中に注がれるコーヒーの量が見えるようになっています。
抽出穴は、3つ空いています。これまで穴の数や大きさをいろいろと試しましたが、3穴が一番味のバランスがいいようです。(人それぞれの好みだと思いますが・・・。)

ピッチャーの下の部分には、檜垣紋(ひがきもん)を参考にした模様を手書きしています。
(檜垣とは檜の薄板を網代に組んだ塀のことで日本の伝統的な幾何学模様です。中のものを守るという意味があるそうです。)
ふた部分にも同様の絵柄を手書きしています。

コーヒーを淹れる時から楽しめ、おいしいコーヒーが飲めそうな作品に仕上がりました。

カフェオレ色ドリッパー&ピッチャー.JPG
カフェオレ色ドリッパー4.JPG
カフェオレ色ドリッパー.pngカフェオレ色ピッチャー.png
カフェオレ色のピッチャー
カフェオレ色コーヒーピッチャー7.JPG
カフェオレ色ドリッパー.png

この商品はネットで販売しています。→ https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

レモンのようなレモン絞り器 [陶芸作品]

料理を作るときに作る人にも楽しみが得られるものを作りたい、と思ってレモンをイメージして作陶したレモン絞り器です。

全体に黄色の釉薬を掛け葉っぱ部分は緑色の釉薬を掛けて、レモンをイメージした作品に仕上がりました。
絞る部分のミゾは、レモンを絞りやすくするためにラセン状にミゾを作っています。
またミゾ部分の釉薬は薄く掛けて、絞る時に滑らないようにしています、
(全く釉薬を掛けないと色むらもなく絞りやすくなるのですが、カビが生えやすくなってしまい、使い勝手が悪くなるので、釉薬を薄く掛けています。)

料理をするときに、料理する人が楽しくなる作品に仕上がりました。

レモン絞り器(レモン型)1.png
レモン絞り器(レモン型)2.png
レモン絞り器(レモン型)3.png

この作品はネットで販売しています。→ https://minne.com/teshigoto12

小さくて愛らしい醤油さしたち [陶芸作品]

食生活の変化で、最近は食卓に醤油さしを置いていない家庭もあるようで、食卓に置かれることが少なくなった食器です。
そこで、使っている時だけでなくテーブルに置いてるだけも、心が和み、楽しい気分になれる醤油さしを作りたいと思いました。

手のひらに乗るほどの小さな作品なので、作るのに大変手間がかかりましたが、小さくて愛らしい作品に仕上がりました。

小さくて愛らしい醤油さしa soy sauce cruet.png
小さくて愛らしい醤油さしa soy sauce cruet1.png
小さくて愛らしい醤油さしa soy sauce cruet2.png
小さくて愛らしい醤油さしa soy sauce cruet3.png
小さくて愛らしい醤油さしa soy sauce cruet4.png
小さくて愛らしい醤油さしa soy sauce cruet5.png

この作品はネットで販売しています。→ https://minne.com/teshigoto12

鳥獣戯画コーヒーカップ [陶芸作品]

美味しいコーヒーが飲めるカップを作りたいと思って作陶しました。

古いアンティーク調の作品に仕上げるために、鉄錆(さび)色のかすれた感じの地色にし、上に鳥獣戯画の絵柄を入れました。また使い勝手をよくするために、カップの中と取手部分は黒のマット釉をかけています。これで、強度を持たせて汚れや水の染み込みを防ぐことができます。
また鉄錆色の地色はツヤがありませんが、無釉(釉薬がない)ではなく、薄くかかっているので、カビの発生や汚れがつきにくくなっています。
使い勝手の良いものに仕上がっています。

このようなアンティーク調の作品を作るきっかけや制作時の苦労を過去blogに書いています。
http://teshigotoya.blog.so-net.ne.jp/2016-09-27

鳥獣戯画コーヒーカップ2.png
鳥獣戯画コーヒーカップ.png
鳥獣戯画コーヒーカップ3.png
DSC00001.JPG
鳥獣戯画コーヒーカップ4.png

鉄錆色は焼いてみないと色の出方がよくわからないため、色の調整が難しい作品でしたが、アンティーク調で渋い感じの味わい深い作品に仕上がりました。


<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/items/6468102

小さな道具 [陶芸道具]

小さな作品を作るときや、細かい模様を入れるときに使用する小さなカキベラです。
細かい作業をするときに、これがあると助かります。

小さなカキベラ.png

少しでも良いものを作ろうと思うと、少しずつ道具が増えてきます。


象嵌・刷毛目の作品 [陶芸作品]

美味しいコーヒーが淹れられるドリッパーとカップを作りたいと思って作陶しました。

ドリッパー、カップとも黒御影土に象嵌と刷毛目をしてています。

黒御影土は細かい砂が入ったざらついた土ですが、全体に貫入(透明の釉薬)をかけているので、ツヤのある仕上がりになっています。

そのため、ドリッパーはお湯を注ぐとスムーズに下に流れて、雑味のないコーヒーがドリップできます。
大きさは1、2人用で、コーヒーの抽出穴は3つ空いています。
オーソドックスな形になっているので、一般的によく売られているドリッパー用のペーパーが使えます。

使いやすい作品に仕上がっています。

象嵌・刷毛目3.png
象嵌・刷毛目4.png
象嵌・刷毛目2.png
象嵌・刷毛目1.png

この作品はネット販売しています。→shop&gallery https://minne.com/teshigoto12

作る前のイメージよりも刷毛目部分が釉薬化して、思っていたよりも薄くなりました。
次回作るときは掛ける釉薬を少し変えてみようと思います。


便利な蓋付きジンジャーカップ [陶芸作品]

生姜湯をつくるための蓋付きジンジャーカップを作りました。
生姜の色をイメージして、イエローにしました。
飲み物が冷めるのを防ぐ蓋がセットになっています。
ジンジャーカップ2.png
ジンジャーカップ1.png

蓋の裏がおろし器になっています。小さい目立てにしているので、細かい生姜がすりおろせます。
ここで生姜をすり、お湯を注いでおろした生姜をカップに流し込めば、生姜湯が出来上がります。
ジンジャーカップ3.png