So-net無料ブログ作成
検索選択

透かし彫りの花器 [陶芸作品]

透かし彫りの花器です。

透かし彫り花器1.jpg

ろくろで2重に挽き、外側に透かし彫りを入れました。

透かし彫り花器2.jpg

花を生けていなくても絵になる花器になったので、掛ける釉薬は単純にベージ1色だけにしました。

透かし彫り花器3.jpg

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP>
https://minne.com/teshigoto12
https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale


透かし彫り陶器のつくり方 [製作途中]

時々、二重構造で透かし彫りを装飾した花器などを制作します。

透かし彫り醤油さし4.jpg

陶芸の主な工程の流れは、
①形を成形→②削り・形の装飾→③素焼き→④色つけ(釉薬をつける)→⑤本焼き→⑥完成、
です。
二重の透かし彫りを入れたものは、①の成形で2重のものを作ります。

2重花器成形1.jpg

そして、②の削り・装飾の段階で、透かし彫りを入れます。
二重構造の成形や透かし彫りは、通常の器づくりよりも手間がかかります。

2重透かし彫り花器の構造.JPG

その後、乾かして素焼きをすることになります。しかし、乾かす段階でホッとして気を抜くと、ヒビが入ったり割れたるすることが多くあります。

粘土は乾くときに、水分が抜けて縮みます。通常の器でれあれば問題ないのですが、二重構造の場合は、外側と内側の粘土の乾燥スピードが異なるため、縮みの差が生まれやすく、それがヒビや割れの原因になります。


透かし彫りを施した器づくりは、手間が掛かり気を使った制作になりますが、他にはない個性的な一品に仕上がります。

透かし彫り醤油さし1.jpg
2重一輪挿し(黄色)4.jpg

現在制作途中のものがありますが、完成したらblogに掲載します。

<Dream Craft'S GALLERY>
https://minne.com/items/7028569
https://www.creema.jp/item/3003467/detail



アンティーク調のペアのマグカップ [陶芸作品]

アンティーク風のペアのマグカップです。

アンティーク調のペアカップ(黒マット)1.jpg

古いアンティーク調の作品に仕上げるために、鉄錆(さび)色のかすれた感じの地色にし、上に英字新聞柄を入れました。また使い勝手をよくするために、カップの中と取手部分は黒のマット釉をかけています。これで、強度を持たせて、汚れやシミがつくのを防いでいます。

アンティーク調のペアカップ(黒マット)2.jpg

下部分には檜垣紋(ひがきもん)を参考にした模様を手書きで描いています。
(檜垣とは檜の薄板を網代に組んだ塀の事で、日本の伝統的な幾何学模様です。中にあるものを守る意味があるそうです。)

アンティーク調のペアカップ(黒マット)3.jpg

鉄錆色は焼いてみないと色の出方がよくわからないため、色の調整が難しい作品でしたが、アンティーク調で渋い感じの味わい深い作品になりました。

手作りの暖かみのある渋い作品に仕上がりました。

カップ
サイズ(cm):高さ8X幅(取手まで)11.5X口径8.5
おおよその重さ(g):220

アンティーク調のペアカップ(黒マット)5.jpg
アンティーク調のペアカップ(黒マット)4.jpg

<Dream Craft'S GALLERY> https://minne.com/items/6432478

イエローマグカップ [陶芸作品]

イエローのマグカップです。

イエローマグカップ4.jpg

器ではあまり使われない色ですが、気持ちが華やぐ黄色の釉薬を外に掛けました。
カップの中は白色です。

イエローマグカップ5.jpg

カップの下は、黒地に檜垣紋を応用した模様を手書きで描いています。

イエローマグカップ7.jpg

サイズ(cm):高さ8X幅(取手まで)11X口径8.5
おおよその重さ(g):176

イエローマグカップ1.jpg

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://www.creema.jp/item/2905233/detail

透かし彫り醤油さし [陶芸作品]

透かし彫りの醤油さしです。
(ミルクピッチャーとしても使用可能です)

かぼちゃをイメージして作りました。

透かし彫り醤油さし1.jpg
透かし彫り醤油さし3.jpg

外側に透かし彫りで穴を開けていますが、2重構造になっているので中身は漏れません。

透かし彫り醤油さし8.jpg

全体に緑色のビードロ釉を掛けました。釉薬の濃淡がでて、味のある色になりました。

食卓の上に置いているだけでも楽しめる個性的な一品に仕上がりました。

透かし彫り醤油さし6.jpg
透かし彫り醤油さし4.jpg

おおよそのサイズ(cm):高さ9X幅(注ぎ口まで)9X直径8
重さ(g):265

<Dream Craft'S GALLERY> https://minne.com/items/7028569

桜模様のミニ醤油差し [陶芸作品]

桜の絵柄が入ったやかん型の小さな醤油さしです。
(ミルクピッチャーとしても使えます)

ミニ醤油さし3.png
愛らしいミニ醤油さし(春)1.jpg

受皿付きです。液ダレはしません。

DSC00560.jpg

桜の花を描き、全体に透明釉をかけています。

使うときだけでなく、テーブルに置いておくだけでも心が和み、春を感じる愛らしい一品に仕上がりました。

DSC00563.jpg

サイズ(cm):高さ(取っ手まで)8X幅(注ぎ口まで)8X半径(本体)6
重さ(g):100

ミニ醤油さし.png

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/items/6433160

白い刷毛目のカップ [陶芸作品]

白い刷毛目のカップを作陶しました。

黒土(黒御影土)で成形し、上に白化粧土を刷毛で塗って刷毛目模様を入れました。

白い刷毛目カップ.JPG
白い刷毛目カップ2.jpg

また上部と下部には、象嵌技法で白い土を埋め込んで、模様を入れています。
(象嵌技法:ベースの粘土に異なった粘土をはめ込み、表面削って絵柄をだす技法。)
白い刷毛目カップ3.jpg
象嵌刷毛目カップA(桜)2.jpg

黒御影土は細かい砂が入ったざらついた土ですが、全体に貫入(透明の釉薬)をかけいるのでツヤがあり、口当たりの良い仕上がりになっています。

白い刷毛目模様のフリーカップC2.jpg

黒い土肌と白い刷毛目文様のコントラストが印象的な一品です。

象嵌刷毛目カップA(桜).jpg

同じデザインでドリッパーとミルクピッチャーも作りました。

白刷毛目ミルクピッチャー1.jpg

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale https://minne.com/teshigoto12

ふた付きカップ [陶芸作品]

ふた付きカップを作成しました。
白土で作成し、絵付け後、透明の釉薬で仕上げました。

ふた付きカップ1.jpg

絵柄はプラムやブドウ等のフルーツ柄を入れています。
ふた付きカップ2.jpg
ふた付きカップ3.jpg
ふた付きカップ4.jpg

取っ手部分と、カップとフタの裏にも絵柄を入れています。
ふた付きカップ6.jpg
ふた付きカップ8.jpg

フタつきなので、中身が冷めにくく、ほこりも入りません。
またフタは、カップの土台として使うことも可能です。

ふた付きカップ7.jpg

サイズ(cm):高さ8X幅(取手まで)11X口径8 
おおよその重さ(g):(カップ)257、(フタ)75

ふた付きカップ5.jpg

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/items/6991625




白い刷毛目模様のミルクピッチャー [陶芸作品]

白い刷毛目模様が入ったミルクピッチャーです。
黒土(黒御影土)で成形し、上に白化粧土を刷毛で塗って刷毛目模様を入れました。
白刷毛目ミルクピッチャー2.jpg
白刷毛目ミルクピッチャー8.jpg

黒御影土は細かい砂が入ったざらついた土ですが、全体に貫入(釉薬)をかけているので、ツヤのある仕上がりになっています。
白刷毛目ミルクピッチャー9.jpg

黒い土肌と白い刷毛目文様のコントラストが印象的な一品です。

おおよそのサイズ(cm):
高さ6 X 幅(取手まで)8 X直径6.5 
おおよその重さ(g):164

以前作成したドリッパーとカップにデザイン(白い刷毛目柄)を合わせました。
白刷毛目ミルクピッチャー1.jpg

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/items/6975118

花火柄のカップ [陶芸作品]

花火の絵柄が入った黒いマグカップを作りました。
仕事の合間の一杯7.JPG

花火部分は絵付けでなく、色土を作りそれを一つ一つ黒土に埋め込み、象嵌手法で花火柄を出しています。
(象嵌技法:ベースの粘土に異なった粘土をはめ込み、表面削って絵柄をだす技法。)
象嵌は絵付けに比べて手間がかかり、製作過程でダメになる作品も多くなりますが、絵付けにはない深い味わいのある作品に仕上がります。

前後2箇所に、花火の模様を入れています。

黒土(黒御影土)はざらついた土ですが、全体に貫入(釉薬)をかけているので、ツヤのある仕上がりになり、口当たりの良いカップになっています。

おおよそのサイズ(cm):
高さ7.5 X 幅(取手まで)11.5 X 口径8.5
おおよその重さ(g):230

DSC00041.JPG
DSC00039.JPG

前にお揃いのデザインで、コーヒードリッパーも作りました。
DSC00042.JPG
<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/items/6949992


トンボの絵入りビアカップ [陶芸作品]

トンボの絵入り陶器製ビアカップを作りました。

ラセン状の線は、赤土を練り込み、ろくろの回転を利用して出しています。
その上に弁柄でトンボを描き、全体に紅志野釉を掛けています。

トンボの絵は古くから日本の工芸によく使われた柄です。
それは、トンボは素早く飛び回り、前にしか進まず退かないところから「不転退」の精神を表すものとして、「勝ち虫」と呼ばれます。古くから縁起物として、特に武士に喜ばれた絵柄です。

秋らしい季節を感じる器になりました。

ビアカップ1.JPG
ビアカップ3.JPG
ビアカップ2.JPG

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP>
https://minne.com/teshigoto12
https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale

取手付らせん醤油さし [陶芸作品]

取っ手付きのらせん醤油さしを作りました。

らせん部分に釉薬の溜まりができ、きれいなガラス質になっています。
らせん醤油さしB5.JPG

螺旋の形を成形するのに試行錯誤しましたが、透明感のあるきれいな一品ができました。

おおよそのサイズ(cm):
高さ(取っ手まで)6X幅(注ぎ口まで)10X直径(本体)6.5
おおよその重さ(g):159

らせん醤油さしB3.JPG
らせん醤油さしB2.JPG

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/items/6876754

らせん醤油差し [陶芸作品]

らせん状の醤油さしを作りました。
(ミルクピッチャーとしても使用可能です。)
らせんの形に成形し、全体に貫入(透明系)釉薬を掛けています。

らせん部分に釉薬の溜まりができ、ビードロ状のきれいなガラス質になっています。
らせん醤油さしA5.JPG

透明感があり、テーブルにおいているだけで、食卓に彩を与えるきれいな一品に仕上がりました。

おおよそのサイズ(cm):
高さ(取っ手まで)7 * 幅(注ぎ口まで)8 * 半径(本体)6
おおよその重さ(g):182

らせん醤油さしA1.JPG
らせん醤油さしA3.JPG

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/items/6876486

徳利と盃のセット [陶芸作品]

日本酒好きの人の贈る徳利と盃を作陶しました。

徳利の形は、はぜ徳利にしました。大きさは約一合が入る大きさです。
IMG_20151024_175950.jpg

徳利、盃とも、全体に黒いマット釉を掛け、一部に明るい色(イエロー、ライトグリーン)を掛け分けています。マットの釉薬はツヤがないので、持ちやすくなります。
さらに、徳利は持つ部分を少し凹ませています。
IMG_20151024_180003.jpg
IMG_20151105_220141.jpg
IMG_20151024_175958.jpg
IMG_20151105_220222.jpg
IMG_20151105_220229.jpg

2重一輪挿しを作りました [陶芸作品]

2重構造になった一輪挿しです。
黄色いかぼちゃをイメージして作りました。
2重一輪挿し(黄色)1.jpg

外側に透かし彫りで穴を開けていますが、2重になっているので中の水は漏れません。
試行錯誤を重ねながら2重構造にして花器を作陶しました。

2重一輪挿し(黄色)3.jpg

置いているだけでも楽しめる作品になりました。

他ではあまり見かけない、個性的な一品に仕上がっています。

2重一輪挿し(黄色)2.jpg
2重一輪挿し(黄色)4.jpg

<Dream Craft'S GALLERY> https://www.creema.jp/item/3003467/detail

鮮やかな青いラインが入ったカップ [陶芸作品]

鮮やかな青いラインが入ったマッグカップです。

コバルトブルーのラインが一本、下から上にかけてらせん状に入っています。
自然なラインを出すために、絵具で描くのではなく、青い土を作りそれを練り込んでろくろの回転を利用しながらラインを出しています。
白地にきれいな青いラインが一本入っています。
コバルトブルーのラインカップ9.jpg

上から透明の釉薬を掛けています。
カップの中の底には、透明の釉薬が溜まりビードロ状のガラス質になっています。
コバルトブルーのラインカップ8.jpg

カップの下部には、幾何学模様を手書きで描いています。

他にはない、きれいな一品に仕上がりました。

コバルトブルーのラインカップ4.jpg
コバルトブルーのラインカップ1.jpg
<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://www.creema.jp/item/2961625/detail

冷酒用の酒器を作りました [陶芸作品]

冷酒好きの人にプレゼントするために酒器を作陶しました。

通常、陶器は磁器と比べて硬度が低く、薄くすると欠けたり割れたりしやすくなるため、通常薄く作ることはないのですが、お酒を冷やし易くするために厚みの薄い酒器を作りました。

徳利のサイズは約一合が入る大きさで、盃も同じデザインにしてセットものにしました。

また持ちやすくするために全体に黒マットの釉薬をかけて、注ぎ口部分は注ぎやすいようにツヤのある釉薬を掛けています。液だれはしません。

2014-09-20 16.49.05.jpg
2014-09-20 16.48.47.jpg
2014-09-20 16.48.26.jpg

<Dream Craft'S GALLERY&SHOP> https://minne.com/teshigoto12 https://www.creema.jp/c/teshigotoya12/item/onsale